つるすべ肌を手に入れるための脱毛マメ知識をお届けします!

妊娠すると肌トラブル急増!?その対処法

→ 完全除毛に成功した秘密の方法はこちら♪

columin03

 

妊娠すると、だんだんおなかが大きくなっていくのは

当たり前。

体重が増えていくのも、まあ、しかたがない。

その上、実は、妊娠すると

肌にもトラブルが急増することを

ご存知でしたか?

 

妊娠すると起こる肌トラブル

 

妊娠すると、女性ホルモンのバランスが変わるので

体質も妊娠前と変化してしまうことがあります。

お肌のコンディションは女性ホルモンの影響を受けやすいので、

妊娠による体内の変化がそのままお肌に現れてしまうというわけ。

 

具体的にどんなことが起こるのでしょう?

 

まず、かゆみや湿疹が起こりやすくなります。

妊娠中は汗をかきやすくなる一方、

お肌は乾燥しがちに。

そのため、かゆみや湿疹が妊娠前よりも

できやすく、悪化しやすいのです。

 

また、妊娠するとシミや黒ずみが増えます。

女性ホルモンには体を守るため、メラニン色素を

増やす作用があります。

妊娠すると女性ホルモンが増えるため、メラニン色素も

増えて色素沈着が起こりやすくなるのです。

 

ですから、ちょっとした刺激でシミはできてしまうし、

脇やデリケートゾーンが以前よりも黒ずんでくるのです。

 

乳首が黒くなるのも、

おへその下からおなかの真ん中に線ができるのも、

この色素沈着によるもの。

 

もちろん、この黒ずみに関しては個人差が大きいので

妊婦さん全員に当てはまることではありません。

解消法はあるの?

 

黒ずみも乾燥も妊娠によるホルモンバランスの変化ですから、

予防方法はありません

そのかわり、出産してホルモンバランスが元に戻れば

解消していきます。

どうしても気になる場合には皮膚科に相談してもいいでしょう。

 

妊娠中のお肌のトラブルに、飲み薬は使えません。

お肌が敏感になっているので、清潔に保ち、

保湿と紫外線対策を怠らないようにすることがポイントです。

 

適切なケアをして、

ママになってもキレイを保ちましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

脱毛石鹸特集♪

ジョモリーは顔(ヒゲ)、VIO(下の毛)に使用できる?利用可能部位まとめ

脱毛石鹸のジョモリーは顔(ヒゲ)、vio(下の毛)にも利用できるのでしょうか? ジョモリーの効果はこちらの記事でもご紹介済みで、私を含め利用した人が ”永久脱毛並みの効果” を感じており、脱毛…
詳細を見る

ページ上部へ戻る