つるすべ肌を手に入れるための脱毛マメ知識をお届けします!

レーザー脱毛と光脱毛の違いは?〜メリット・デメリット〜

→ 完全除毛に成功した秘密の方法はこちら♪

無駄毛の自己処理が面倒くさいと感じていませんか?

自分でムダ毛を脱毛するのが嫌なり、そろそろ、脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛しようと考えている方もいらっしゃるでしょう。脱毛サロンでは、「光脱毛」、脱毛クリニックでは、「レーザー脱毛」を行いますが、その違いはいったい何なのか疑問に思いますよね?今回は、「光脱毛」と「レーザー脱毛」の違いについて、お話していきます。

10612576_1459337874346036_443800816600932147_n

 

光脱毛とは?

光脱毛は、インテンスパルスライトなどの機器を使い光を照射して、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促す脱毛方法です。サロンによって、呼び名が異なり「光脱毛」や「フラッシュライト脱毛」などと呼ばれていることが多いです。光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が弱いため、肌への作用が緩やかで痛みが少ないというメリットがあります。毛が生えてくる周期の成長期に行うため、2~3か月に1回程度、施術する必要があります。これを約1~2年繰り返し、施術が完了します。

 レーザー脱毛とは?

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを用いた脱毛する方法です。光脱毛が幅広い波長の光を使うのに対し、単一の波長のレーザーを使用します。光脱毛よりもパワーが強いため、痛みを感じることがありますが、医療クリニックでは麻酔クリームを事前に塗り、痛みを軽減させています。脱毛に使われるレーザーは医療従事者でないと扱えないため、脱毛サロンなどでは使用できません。毛周期に合わせて脱毛を数回繰り返し、5~6回で完了します。アフターケアを医師に相談できるというメリットもあります。効果が高いということもあるので、1回あたりの値段はサロンでの光脱毛よりも若干高めになっています。レーザー脱毛器も家庭用のものが販売されています。これは、医療機関で使われているものよりも出力を弱く設定し、医師でなくても扱えるようにしたものです。施術範囲が、メーカーが推奨する部位に限定されているものもあるようです。

光脱毛とレーザー脱毛の違い〜メリット〜

・光脱毛

いろいろな方法の中から、光脱毛を選んだ理由はなんでしょうか。人気がある光脱毛は、レーザー脱毛やニードル脱毛などと異なり、痛みが抑えられることがメリットでしょう。人によっては、施術する回数が多い方は、その度に光脱毛で、強い痛みを味わうのはこりてしまうでしょう。クーリングダウンしながら進めていく、光脱毛は、すこし熱いと感じられる程度の方もいるほどです。初心者の方でも、少々不安を取り払うことができそうです。すこしの痛みでも、長時間の施術であれば、耐えるのが辛くなってきそうですが、光脱毛の場合は、1回につき約10分ほどで施術が終わりになりますこれで効果が期待できるのかと、逆に不安になる方もいそうですが、これは誰にでも同じ施術時間ですので、変わることはありません。ムダ毛の脱毛の施術をしながら、お肌がキレイになるとしたらどうでしょう。光脱毛は、美顔器などで使われている、光と仕様が同じなので、美顔の効果もあるのです。

・レーザー脱毛

医療機関で行うレーザー脱毛は、エステの光脱毛と比べてレーザーの出力が高いのが特徴です。毛根そのものを破壊するため、1度処理すれば再生されないので、ほぼ永久脱毛となります。生えてきたとしても、細いうぶ毛で気にならない程度です。また、施術時間が短く、両ワキであれば約5分程度と短時間なので、肌へのダメージが少ないです。医師や看護師などの医療従事者しか施術できないため、安全性が高く安心です。事前に医師が診察をしてくれるので、敏感肌・乾燥肌・アトピー体質の人でも安心して治療できるのがメリットです。

 

光脱毛とレーザー脱毛の違い〜デメリット〜

・光脱毛

光脱毛のデメリットは、効果が現れるのが遅いということです。効果がすぐに現れない理由は、光脱毛の出力の弱さにあります。脱毛サロンは医師免許がなくても脱毛施術を行えるため、安全性を確保するために機械の最高出力が法律で定められています。高出力を出すことは医療行為となるため、脱毛サロンでは、禁止されているのです。そのためサロンでの光脱毛はなかなか効果が出にくく、レーザー脱毛は、6回~8回で脱毛期間が終了しますが、光脱毛はその倍の8回~16回程度の回数が必要です。

・レーザー脱毛

レーザー脱毛は、メラニン色素に反応する性質を持っているため、日焼けをした褐色の肌には照射を行うのは難しいです。また、メラニン色素は、うぶ毛や白髪などの薄い毛には、レーザーの効果が得られないこともあります。ただし、最新のレーザー脱毛機器であれば、色素の薄い毛の脱毛も可能な場合もあるので、脱毛クリニックがどのような脱毛機器を導入しているか、きちんと確認することが大切です。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

脱毛石鹸特集♪

ジョモリーは顔(ヒゲ)、VIO(下の毛)に使用できる?利用可能部位まとめ

脱毛石鹸のジョモリーは顔(ヒゲ)、vio(下の毛)にも利用できるのでしょうか? ジョモリーの効果はこちらの記事でもご紹介済みで、私を含め利用した人が ”永久脱毛並みの効果” を感じており、脱毛…
詳細を見る

ページ上部へ戻る