つるすべ肌を手に入れるための脱毛マメ知識をお届けします!

ムダ毛を抜く脱毛法は避けるべき!毛穴に起こる3つの症状

→ 完全除毛に成功した秘密の方法はこちら♪

ムダ毛処理の方法の中でも、ピンセット片手にお手軽にできるのがムダ毛を抜く方法です。ムダ毛をつまんで勢いよく引き抜くだけの簡単な作業なので、ついつい時間を忘れて脱毛しがちになってしまいます。しかし、ピンセットを使ってムダ毛を抜く脱毛方法はお勧めできません。なぜなら、毛穴に深刻なダメージを与えてしまうからです。

 

ムダ毛を抜くのは避けるべき

脱毛ではムダ毛を抜くのは避けるべき

ムダ毛を抜く脱毛方法は、非常にお手軽な反面、毛穴にとって良くありません。カミソリと違って肌にダメージはないものの、毛を引き抜く際に、知らず知らずのうちに毛穴にダメージを与えてしまいます。毛穴を広げてしまい、そこから雑菌が入って炎症を起こすこともあります。

 

 ムダ毛を抜いて起こる症状① 埋没毛

 

ムダ毛を抜くと埋没毛の原因に

ムダ毛を抜くことで起こる症状の一つが、埋没毛です。毛を抜いた際に、毛穴の内部を傷つけてしまうと、かさぶたができてしまい、毛穴をふさいでしまいます。すると、次に生えてくる毛が外に伸びるのを妨げてしまうのです。伸び続けた毛は皮膚の中で伸び、埋没毛とよばれる状態になってしまいます。埋没毛が増えると、肌の表面が鳥皮のようになってしまうのです。

 

 ムダ毛を抜いて起こる症状② 色素沈着

 

ムダ毛を抜くと色素沈着の原因に

ムダ毛を抜いた際に毛穴の内側に刺激が伝わると、メラニン色素が多く生成されます。それが繰り返されることで色素が沈着してしまい、毛穴の周りが暗い色になってしまいます。まるでシミのようになってしまいますので、これでは肌を露出するのが恥ずかしくなってしまいます。色素沈着を改善するには化粧水などでケアする必要があり、結果として余計な手間がかかってしまいます。

 

ムダ毛を抜いて起こる症状③ 毛嚢炎(もうのうえん)

ムダ毛を抜くと毛嚢炎の原因に

ムダ毛を抜くことで起こる症状の3つ目が、毛嚢炎というもの。毛穴の奥に黄色ブドウ球菌やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌が感染することで起こる症状で、毛穴の周りが赤く盛り上がったような状態になります。一見するとニキビのようですが、膿の溜まったくぼみがある点が特徴です。見た目も良くないため、ムダ毛を抜く脱毛方法の選択には慎重になるべきです。

 

 ムダ毛を抜くのではなく別の脱毛法を試そう

ムダ毛を抜く方法以外で脱毛しよう

3つの症状を見てきましたが、このようにムダ毛を抜くやり方は脱毛の方法としてはオススメできません。肌に与えるダメージやケアにかかる時間と費用を考えると、別の脱毛方法を試す方が良いと言えるでしょう。オススメの脱毛方法としては、市販の脱毛クリームを使用する方法や、脱毛器を購入して使用する方法などがあります。どちらも肌に優しく毛穴も傷つけません。少しお金に余裕があるなら、エステに通ってレーザーによる永久脱毛などを試してみても良いでしょう。

 

ご自身でムダ毛の処理を考えている方は、ムダ毛を抜く方法だけは避けるべきです。肌よりも毛穴にダメージを与えてしまい、3つの症状を引き起こしてしまいかねません。お手軽度は下がるものの、他の脱毛方法を試してみましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

脱毛石鹸特集♪

ジョモリーの評判は嘘?詐欺と言われる理由は?

脱毛石鹸のジョモリー。 SNSを中心に抜群の脱毛効果が評判を呼び、リピーターが続出している脱毛業界の革命児です。 実際に私も使用して、脱毛効果を実感できているので実力は折り紙つきだと思います。 でも、そんなジョモリー…
詳細を見る

ページ上部へ戻る