ヒゲって剃っても、剃っても、すぐに生えてきます。

じゃ、抜いちゃえば?

根元から抜いちゃうほうが、生えてくるのに時間かかるし、

運がよければ、毛生えてこなくなるかも・・・。

 

安易に考えちゃいけません。

ヒゲを抜くことで、トラブルはたくさん待ち受けています。

ヒゲを抜くと起こるトラブルを、5つにまとめてみました。

 

1 ・ 毛嚢炎(もうのうえん)

無理にヒゲを抜くことで、毛穴の中に傷ができます。

そこに最近が侵入し、炎症・化膿を起こします。

ニキビのような状態になります。

悪化すると皮膚科で抗生物質や軟膏のお世話になることも!

 

2 ・ 埋没毛(まいぼつもう)

ヒゲは毛の太さが非常に太く、無理やり引き抜くことで、

毛穴の肌を傷つけたり、毛穴の皮膚を一緒に引き出したりします。

急いで皮膚が再生することで角化異常が起こり、毛穴を塞いでしまいます。

塞がれた毛穴の中でヒゲは無理に伸びようとするので、

毛穴の中でとぐろを巻いた状態になり、黒く盛り上がってしまいます。

 

3 ・ 色素沈着

ヒゲを抜くことで毛細血管に傷が付きます。

血液に含まれるヘモグロビンが皮膚に付着し、紫色の色素に変化します。

また、ヒゲを抜く刺激から、メラニン色素にも刺激を与えます。

継続をしてヒゲを抜くことで、あご先にシミができやすくなります。

 

4 ・ 抜毛症(ばつもうしょう)

毛を抜くのは切迫的な感情が原因するかも?

毛を抜くことですっきりできる、不安がある時つい抜いてしまう・・・。

数十分抜き続けるなど、心の病気・抜毛症の可能性があります。

 

5 ・ 更に濃く見えるリスク

ヒゲの根元は毛細血管と繋がっていて、栄養素の受け渡しをしています。

無理に抜くことで毛細血管に傷が付きます。

再生する時に、毛細血管が前よりしっかりすることがあります。

前よりもしっかり栄養が行き渡ると、太くなる可能性を秘めているかも・・?

 

1theohallgregswalesdtk-5_thumb3

 

 

体の皮膚は、極度の刺激を受けることを嫌います。

過度な刺激を受けた後には、必ず良くないトラブルが起こります。

 

肌に過度な刺激を与えずに、綺麗にヒゲを抜く方法、

メンズ脱毛サロンで、ヒゲ脱毛を試してみてはいかがでしょうか?

肌に刺激を与えずに、綺麗にヒゲを抜いていくことができます。

ヒゲ脱毛に主流なのが、光脱毛ニードル脱毛

 

光脱毛は、痛みが少なく処理面積が広いため、

全体を早く薄くしたい人にはお勧めです。

ニードル脱毛は、微弱電流を1本1本の毛穴に流します。

少し時間はかかりますが、

ヒゲの再生率は、こちらの方がかなり高いですよ。

バレないようにヒゲ脱毛したい方にもお勧めです。

脱毛後の保湿ケアも万全ですから、

顎先の皮膚状態の改善のお手伝いもしてくれますよ♪

 

37d6d-bernardoarriagada_05_14

 

 

おすすめの記事