サロンで脱毛すると、つるすべ肌が手に入りますし

自己処理のわずらわしさや、トラブルからも解放されます。

 

脱毛というと、脇や腕、足、Vラインといった

無駄毛の多いパーツを思い浮かべますが、

実は顔の脱毛にも嬉しい効果があるのです。

 

男性ならヒゲがあるけど、

女性の顔に毛なんて生えてたっけ?

と思われるかもしれませんが、

サロンでの顔脱毛には脱毛以上の効果が期待できるのでご紹介します。

 

脱毛以外の効果

 

サロンで顔の脱毛をするとどんな効果が

期待できるのでしょうか?

 

まず、顔に生えている無駄毛を処理することで

毛穴が小さくなり、目立たなくなります

毛穴が小さくなるということは、

毛穴に汚れがたまりにくくなるということ。

 

毛穴にたまった皮脂などの汚れが、

毛穴を大きく目立たせ、黒ずみを作る原因ですから、

お肌の表面はいつもツルツルになります。

 

お肌がつるすべになれば、

当然化粧のノリもモチもアップします。

 

さらに、顔脱毛の施術前に塗るジェルには

美容成分がたっぷり。

施術後のキレイになったお肌に

しっかり浸透していくので、施術後は見違えるほど

お肌が若々しく元気になります。

 

ちなみに、ジェルは光脱毛のうち

SSC脱毛と呼ばれるタイプのものに使われます。

 

やってはいけない? 危険な脱毛

 

さて、脱毛というとレーザー脱毛と光脱毛があります。

顔という繊細かつ重要な部分なだけに、

サロンより医療機関のほうがいいのでは?

と思うかもしれませんが、顔脱毛に関しては

あながちそうとも言えないのを、ご存知でしょうか?

 

レーザー脱毛も光脱毛も仕組みは同じ、

メラニン色素に反応する特殊な光を肌に当て、

無駄毛にダメージを与えます。

 

違いは、レーザー脱毛はクリニックや美容外科などの

医療機関で使われる高出力なものに対し、

光脱毛は低出力なのでエステやサロンで使われているという点。

 

レーザー脱毛は高出力なので、

効果は高いのですが、同時に肌へのダメージも大きいのです。

 

顔は、皮膚が薄く、また見た目にも大切な場所ですから、

レーザー脱毛の大出力レーザーを与えると、

顔全体が赤くなったり、

毛穴が以前より開いてしまったり、

さらにひどい肌荒れを起こし、

そのせいで色素沈着を起こしてしまった

というケースも報告されています。

 

医療レーザーだから絶対安全、とは言えないのが

レーザー脱毛なのです。

顔へのダメージは取り返しがつきませんので、

顔脱毛は痛みもダメージもほぼない

光脱毛のほうがおすすめです。

おすすめの記事