つるすべ肌を手に入れるための脱毛マメ知識をお届けします!

つるすべ肌の強敵! 埋もれ毛の原因と対処法

→ 完全除毛に成功した秘密の方法はこちら♪

MIYAKO85_kaigandekyakkya20140725500-thumb-1438x800-5197

無駄毛を自己処理すると現れる

埋もれ毛

皮膚の下だからやっかいですよね。

 

このやっかいな埋もれ毛、こと埋没毛

できる原因と、

できてしまったあとの対処法についてご紹介します。

 

埋没毛ができる原因

 

埋没毛は毛が皮膚の下にもぐったまま

伸びてきている状態。

なぜ肌の外に出てこられないのかというと、

自己処理の失敗に原因があります。

 

無駄毛を処理するときは、

同時に肌にも負担がかかります。

 

毛穴が傷つき、癒着などを起こして

毛穴がふさがってしまうと

その下にある毛が外に出られなくなってしまいます

 

出口がない毛は、皮膚の下で成長し

とぐろを巻いたり、あらぬ方向へ伸びたり。

 

無駄毛の自己処理で皮膚を傷つけないというのは

まず不可能。

 

特にカミソリでの深剃りや逆剃りは

皮膚を傷つけますし、

毛抜きも途中で毛が切れたり、

毛穴を傷つけやすい処理方法。

 

脱毛器でも抜くタイプのものは埋没毛が

できやすいのです。

 

埋没毛ができてしまったら?

 

埋没毛ができてしまったら、

どうしたらいいのでしょうか?

 

真っ先に思い浮かぶのは

針などで皮膚を破って毛を抜く方法。

しかしこれは、肌への刺激が大きいので

色素沈着や炎症を起こすことも。

 

こういうときは、スクラブやピーリングで

肌を薄くしてあげましょう。

ただ、どちらとも肌への刺激はあるので

無駄毛処理と一緒にやるのはNG。

 

お手入れしたあとは、保湿を忘れずに。

放置しておくと、肌のトラブルにつながります。

埋没毛を作らないためには?

 

埋没毛を作らないようにするには、

毛穴をつぶさない無駄毛処理の方法を

選ぶことです。

 

自宅処理なら、除毛クリームや電気シェーバーがおすすめ。

 

埋没毛は放置しておいてもいずれ消えてなくなります。

ただ、色素沈着が起こる可能性はあります。

 

それを考えたら、やっぱり埋没毛は

できないようにするのが一番。

究極の解決方法は、エステで脱毛です。

 

脱毛すればムダ毛もなくなるし、

自己処理もしなくて済むし、

憧れのつるすべ肌も手に入ります。

埋没毛に悩むこともなくなりますよ♪

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

脱毛石鹸特集♪

メルティーヴィーナス脱毛石鹸の悪い評判と良い評判を検証してみた

メルティーヴィーナス脱毛石鹸の評判を調査していきます。正直、ネット上の情報って乱立しすぎて混乱してきませんか? それに、公式サイトに書かれている評判も本当かどうかわからないし・・結構不安だと思います。 そこで今回は、メルティーヴィー…
詳細を見る

ページ上部へ戻る