脱毛サロンと医療サロンって、

何がどう違うのか、あまりわかりませんよね?

脱毛をしようといざサロンを選ぶときに

どっちを選んだらいいのかわからいから、

なんとなく選んでしまうと、後悔する結果になりかねせん。

 

今回は、脱毛サロンと医療サロンの具体的な違いと

メリットデメリットについて、ご紹介します。

E1361850198107_1

脱毛サロンと医療サロンの違い「脱毛機器の出力」

脱毛サロンと、医療サロンの大きな違いは、脱毛機器の出力です。

脱毛サロンも医療サロンも同じような仕組みの機器を使っていますが、

その出力が違います。

脱毛の機器出力は、ジュールという単位で測定されますが、

脱毛サロンで、使用している機器は、20ジュール以下で

医療サロンで使用しているものは、60ジュールまで出すことができます。

 

脱毛サロンと医療サロンの違い「料金」

脱毛サロンは、数百円でできるワキ脱毛など、価格が安くお得です。

また、通い放題プランや、期間限定のキャンペーンを頻繁に行っているので、

低価格で受けることができます。

それに比べて、医療サロンは、足や腕などの大きな部位の脱毛は数十万円単位が基本です。

医療サロンは、7回の施術で、40万〜60万以上というところもあります。

 

 

脱毛サロンと医療サロンの「メリット・デメリット」

【脱毛サロンのメリット

・料金が安い

・キャンペーン期間を利用して、通い放題プランや無料で施術を受けることができる。

・脱毛機器の出力が弱いので、肌への負担が少ない。

 

【脱毛サロンのデメリット

・効果がでるまで時間がかかるので、通う期間が長くなる。

・肌にトラブルがあった際に対処してもらえない。

 

【医療サロンのメリット

・脱毛機器のパワーが大きいので、脱毛効果が高く、早く脱毛が完了できる。

・医療期間なので、肌のトラブルあった際に対処してもらえる。

 

【医療サロンのデメリット】 

・料金が高い。

・脱毛効果が高い分、痛みや肌の負担が大きい。

おすすめの記事