つるすべ肌を手に入れるための脱毛マメ知識をお届けします!

脱毛器ケノンの使い方とは!正しい使い方と注意点☆

→ 完全除毛に成功した秘密の方法はこちら♪

脱毛器ケノンは、今、大人気の家庭用脱毛器です。

脱毛器のケノンは、フラッシュ脱毛器で脱毛の効果が高く、家で手軽に使用できます。エステと同じような効果ある!エステ以上の効果があると、使用者の評価もとても高いです。

しかし、効果が高い一方、使い方を間違えると肌が腫れてしまったり、かゆみがでしまったという使用者の声もあります。そこで今回は、脱毛器ケノンの正しい使い方についてご紹介します。

 

【ケノンで脱毛する前の準備】

ケノンを使用して、ムダ毛の処理を行う前に、まずはすべきことがあるので、準備をしてから脱毛に取り掛かります。

 

ムダ毛を軽く剃っておく

shutterstock_137318648

処理をしたい箇所にある、ムダ毛を軽めに剃っていき、ケノンのフラッシュ(光)のエネルギーが散ってしまわないようにしましょう。

ケノンから出る光は、黒に反応するようになっており、メラニン色素に反応させて、スムーズに処理ができるようにします。剃り方は処理をする前日に剃り、深めには、剃らないようにしましょうね。

剃る時はカミソリか、シェーバーを使うのですが、お肌を痛めないようにシェーバーの方がおすすめです。せっかく美を求めているのに、カミソリで毛が濃くなってしまったり、摩擦がかかるので、お肌に負担がかかってしまいます。

カミソリで剃る場合は、毛の流れに沿いながら剃っていくことで、深剃りを避けることができます。シェーバーでは、カミソリとは逆に、毛の流れとは反対へと、長い毛を剃る場合に使う、歯で剃っていきます。顔に使用するシェーバーも便利で、あまりムダ毛が多く生えていない場合は簡単です。

 

 事前に処理する部分を冷やす

shutterstock_194350181

事前に処理をする箇所を、冷やしてあげることも大切です。ケノンを使用して行う脱毛は、ある程度の刺激があるので、十分に冷やしてあげることで、炎症や赤くなることを防ぎます。きちんとお肌のために冷やしましょう。

 

【脱毛器ケノンの使い方】

正しいケノンの使い方を説明していきます。

 

電源を入れる

・本体の電源を入れる

コンセントをさしたら、ケノンの本体のうしろにある電源のボタンを押しましょう。ディスプレイの一番右側が赤く点灯します。

・ディスプレイの電源を入れる

デイスプレイの右横に2つボタンがあります。一番右側の電源ボタンを押すと液晶ディスプレイに表示画面が映ります。

 

ディスプレイを表示をしっかりて操作する

電源を入れたら、日本語で液晶ディスプレイに字やイラストで、現在行っている状況などを説明してくれます。デイスプレイの右横あるmodemodeボタンを押していくと表示が切り替わります。各画面は、▲▼のボタンで設定ができます。

液晶ディスプレイの表示画面の種類は、5つあります。

1、 照射レベル(10段階)/ カートリッジ残量(使用可能回数)

2、連続ショット回数(1回・3回・6回)

3、ショットモード(手動・自動)

4、音量(音無・小・大)

5、表示画面の明るさ(6段階)

 

照射のレベル設定は低めのレベルから

ケノンの照射のレベルは10段階あります、初めてケノンなどの脱毛器を使う場合は、お肌の状態がわからない場合があるので、あまりレベルは上げずに、1〜3の低めのレベルから行います。

痛みなどのお肌へのトラブルがあれば、レベルを上げても問題ないのですが、違和感があれば、すぐにでもレベルは下げて処理を行いましょう。

 

連続ショットは6回から始める

ケノンには、連続ショット設定があります。連続ショットは、1回、3回、6回から選択できます。1回が最も脱毛効果が高いですが、痛みも強く、肌への負担が大きいです。液晶ディスプレイで、連続ショットの数を選択できますお肌が弱い方でなければ、1回を選択します。不安な方やお肌が弱めの方はまずは6回で行うと良いです。

 

脱毛の間隔は2週間に1回

脱毛の感覚は、2週間に1回にしましょう。それよりも間隔を短くすると、肌に負担がかかりすぎまので注意しましょう。脱毛の目的は、最終的にはムダ毛が生えてこなくなるようにすることです。やり続けていくことが、大切で、ムダ毛が生えてきたら脱毛をします。回数を重ねていくと、ムダ毛も減っていき、1ヶ月間隔へと脱毛するペースが変わっていきます。

 

【脱毛後の肌へのケアが重要】

脱毛直後は、冷却する

ケノンで脱毛した後は、脱毛を冷却しましょう。ケノンには、脱毛部分を冷やすために、冷却パックがついているので、脱毛する前に冷却パックを冷やしておきましょう。脱毛部分を冷却することによって、痛みや腫れを予防することができます。

 

保湿クリームを塗る

shutterstock_121862980

脱毛後は肌が乾燥しやすくなっています。肌荒れなどのトラブルが発生するかもしれません。使用した後は、脱毛部分にしっかりと保湿クリームなどで保湿をしましょう。

 

紫外線を避ける

shutterstock_186153800

脱毛をした後は、肌が敏感になっているので、紫外線をなるべく避けましょう。紫外線を浴びすぎると、肌が腫れたりかゆみがでてきたりする可能性があります。外にでるときは、日焼け止めを塗ったり、長袖を着る、日傘をさす、など直接脱毛した部分が紫外線を浴びないように注意しましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

脱毛石鹸特集♪

メルティーヴィーナス脱毛石鹸の悪い評判と良い評判を検証してみた

メルティーヴィーナス脱毛石鹸の評判を調査していきます。正直、ネット上の情報って乱立しすぎて混乱してきませんか? それに、公式サイトに書かれている評判も本当かどうかわからないし・・結構不安だと思います。 そこで今回は、メルティーヴィー…
詳細を見る

ページ上部へ戻る