つるすべ肌を手に入れるための脱毛マメ知識をお届けします!

永久脱毛は体に悪いの?〜永久脱毛の影響について〜

→ 完全除毛に成功した秘密の方法はこちら♪

あなたも聞いたことがありませんか?

「永久脱毛は体に悪い」「永久脱毛には副作用があるから危険」

永久脱毛をはじめている方や、あるいは、これからはじめてようと考えている方は、どこかで、「永久脱毛は体に悪い」という話をきいたことがあるかもしれませんね。でも、本当にそんなのでしょうか?今回は、「永久脱毛が本当に体に悪いのか?」お話していきます。

seiriban

永久脱毛とは?

まず、永久脱毛について説明します。永久脱毛とは、永久に毛が生えてこなくなる状態だと思っていませんか?実は、米国電気脱毛教会によれば、永久脱毛とは、「脱毛終了後1ヶ月経った時に毛の再生率が20%以下である状態」をいうそうです。したがって、完璧に肌がつるつるになるわけではなく、また毛が生えてくる可能性があります。しかし、永久脱毛を経験した多くの方が、「毛が生えてこなくなった」、「つるつるになった」とその効果を実感しているので、問題ないです。

 

永久脱毛の脱毛方法とは?

永久脱毛は、医療クリニックで受けることができます。医療クリックでは、ニードル脱毛医療レーザー脱毛を使用して脱毛を行います。ニードル脱毛とは、針で脱毛する方法です。ニードル脱毛の方法は、毛を少し生やした状態で、針を毛穴に刺し、そこに電気を流すことによって毛根に電気の熱でダメージを与え、脱毛していく方法です。効果は高いですが、その分も痛みも強いといわれています。一方、医療レーザー脱毛は、特定のメラニン色素にのみ反応するレーザー光を利用し脱毛する方法です。レーザーを照射すると、皮膚の下にある毛根のメラニン色素が光を吸収し、吸収された光が熱に変わり、毛根を破壊するという仕組みです。アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザー、という威力の強い医療用レーザーを用いた脱毛方法なので、皮膚科などの医療機関でしか受けられないことになっています。

 

永久脱毛は体に悪い?

結論からいうと、永久脱毛は体に悪いことは、ありません。よく、皮膚ガンになったり、体調が悪くなるとわれていますが、そのようなことはありません。あるいは、妊娠中や授乳中は断られることがありますが、これは胎児に影響を与えるからではありません。脱毛は、女性の生理の周期にあわせて施術を行うので、安定していない場合や、ホルモンのバランスが崩れている場合は、脱毛の効果が弱まってしまうのです。そのため、脱毛をする場合は、妊娠中、授乳中は避けるようにいわれているのです。また、皮膚ガンになるといった話も聞きますが、皮膚ガンを引き起こすのは紫外線で、脱毛の使用するレーザーは赤外線ですので、そもそもの性質が違うので問題ありません。

 

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

脱毛石鹸特集♪

メルティーヴィーナス脱毛石鹸の悪い評判と良い評判を検証してみた

メルティーヴィーナス脱毛石鹸の評判を調査していきます。正直、ネット上の情報って乱立しすぎて混乱してきませんか? それに、公式サイトに書かれている評判も本当かどうかわからないし・・結構不安だと思います。 そこで今回は、メルティーヴィーナスソープを実際に使った人の評判をみ…
詳細を見る

ページ上部へ戻る