K-OUTは顔(ヒゲ)、VIO(下の毛)に使用できる?

脱毛石鹸のK-OUTは顔(ヒゲ)、vio(下の毛)にも利用できるのでしょうか?

K-OUTの効果はこちらの記事でもご紹介済みで、私を含め利用した人が

”永久脱毛並みの効果”を感じており、脱毛業界に革命を起こしています。

しかし脇や脚や腕などに利用できるのは間違い無いんですが、

顔(ヒゲ)やVIO(下の毛)に対して利用できるのか知りたくないですか?

そこで今回は、『脱毛石鹸のK-OUTが顔(ヒゲ)、VIO(下の毛)にも利用可能なのか!?』という点について調べてみました!

最後に利用可能部位をまとめているので、気になる部位に使ってみてくださいね。

K-OUTは顔(ヒゲ)に使用できる?

K-OUTは顔や口周りのヒゲに対しては利用できるのでしょうか?

K-OUT ヒゲに使える

彼氏が言ってましたが、口周りのヒゲとか産毛って遠くからだと目立たないけど、近くで見ると結構目立つみたいですね・・・。

でも市販の除毛クリームなどは刺激が強すぎるから使えないし、カミソリやヒゲ剃りで作業するのは面倒だし皮膚を傷つけちゃうし・・・だから泡立てて洗うだけでケアできるなら、この悩みが全部解決できることになりますね。

その答えですが・・・K-OUTは顔(ヒゲ)周りにも利用できます!!

K-OUTにはムダ毛を生えにくくする成分であるラレアディバリカタ葉エキス”・”ブロメライン”・”豆乳発酵液を配合しています。

さらにそれだけではなく、保湿成分である”グリチルリチン酸2K”をふんだんに配合しているため、他の脱毛アイテムより刺激がないのです。

K-OUT 成分

製法も”コールドプロセス製法”を採用しているため成分を”ギュッ”とK-OUTに閉じ込めることに成功しており、成分を無駄なく泡に含めることができるのです。

そのため、本来なら口周りといったデリケートな部分には利用できないのですが、K-OUTに関しては利用可能なんですね。

ただし注意点として、目の周りの眉毛やまつ毛に使用するのは避けてくださいね。

K-OUTはVIO(下の毛)に使用できる?

K-OUTは下の毛のVIO、アンダーラインには利用できるのでしょうか。

K-OUT VIO

顔には口周り限定で利用できるので、もしVIOにも利用できれば全身全てに利用できることになります。

つまり、K-OUTさえあれば全身ムダ毛の悩みから解放されるということなのですが、VIOには使用できるのでしょうか?

その答えですが・・・残念ながらK-OUTは下の毛(VIO)に利用できません!

絶対に使えないということではなく、正確には”使用してみて問題がなさそうなら利用はできる”という表現が正しいですね。

やはり下の毛などのアンダーラインは部位の中でも一番デリケートなので、それ専用で開発しないと難しいようです。

もし利用を考えているのであれば、少しだけ使用して1日様子を見て、問題がなければ使っても大丈夫でしょう。

また、使用はVラインのみだけに止めるのが良さそうですね。

K-OUT使用可能部位まとめ

ということで、K-OUTの使用可能部位のまとめです。

K-OUTの使用可能部位

使用可能部位:脚の指、脚、膝、お腹、腕、胸、ワキ、背中、手の甲や指、うなじ、顔(口周り)

条件付き使用可能部位:VIOライン(Vラインのみ)

使用不可能部位:顔(眉毛、まつ毛)、VIOライン(Iライン、Oライン)

基本的には全身利用可能ですが、デリケートな部位に関しては利用を控えた方が良さそうですね。

これらの部位の中で一箇所でもムダ毛が気になる箇所があれば、K-OUTを利用してみてはいかがでしょうか。

実は私もVラインをなんとかしたいと思っているので、これを気にVラインの処理にチャレンジしようと思います!

あなたも一緒にK-OUTで脱毛しちゃいましょう!

おすすめ記事はこちら♪

脱毛石鹸ランキング2019年完全版!“プロ厳選”本当に効果がある脱毛石鹸とは!?

脱毛スプレーランキング2019年完全版!”プロおすすめ”の脱毛スプレーとは?

脱毛クリーム薬局おすすめランキング!脱毛のプロ厳選の8商品をご紹介

TOP⇒あなたは自宅脱毛派?それとも脱毛サロン派?【人気の脱毛方法総まとめ】

おすすめの記事